飛騨文芸祭

[目次] 先頭へ戻る 飛騨文芸祭とは? 募集要項 最新の受賞者 過去の受賞暦

飛騨文芸祭とは?

 飛騨は、近代より中央の文壇で活躍された瀧井孝作や江間修らをはじめ、多くの文芸作家を輩出してきた土地です。
 次代に向けて文芸の向上に資する目的で、昭和52年から「飛騨文芸祭」として作品を募集し、第1回、第2回は、江夏美好が選後評を書いています。

 平成16年からは、高校生以下を対象に青竜賞部門を設けました。
 また、文芸祭に入選した全ての作品を冊子「飛騨文藝」として刊行しています。

[目次] 先頭へ戻る 飛騨文芸祭とは? 募集要項 最新の)受賞者 過去の受賞暦

募集要項

第45回 飛騨文芸祭作品募集要項

飛騨文芸祭の作品を下記のとおり募集いたします。

1. 応募資格
 飛騨在住者または出身者、もしくは勤務者。

2. 対象作品
  ・ 小説・戯曲・児童文学等 1篇 (400字詰原稿用紙100枚以内)
  ・ 随筆(エッセイ)等 1篇 (400字詰原稿用紙20枚以内)
  ・ 評論等 1篇 (400字詰原稿用紙30枚以内)  ※H30年より30枚とします
  ・ 現代詩 3篇
  ・ 短歌・俳句 10首(句) 但し 高校生以下は5首(句)
 応募作品は令和2年8月16日から、令和3年8月15日までに、創作又は発表したもので、既発表作品も可とします。 上記篇(首、句)を超えても不足しても審査の対象となりません。

3. 応募方法
 ① 自主応募
 ② 団体(結社)等による推薦(用紙適宜)
・ 応募作品には、郵便番号、住所、氏名、電話番号、また小説・戯曲・随筆・現代詩などの区別をそれぞれ明記してください。(メールでの応募も可)
・ 高校生以下の応募者には青竜賞を設けますので、学校名、学年を明記してください。
・ 応募封筒に〔文芸祭応募〕と明記してください。
・ 既発表作品の場合、その発表印刷物またはコピーによるも可。
・ 小説・戯曲・児童文学・随筆・評論等については、入賞した場合、デジタルデータの 提出をお願いしています。

4. 締切期日
 令和3年8月15日(当日消印可)

5. 送 付 先
 〒506-0053 高山市昭和町1丁目188-1
    一般社団法人高山市文化協会 事務局宛
 ☆ メールによる送付の場合 → こちらへ

6. 審  査
 (一社)高山市文化協会文芸部委員並びに文芸部門より選出の役員で予選をし、 最終審査には必要に応じ、専門の経験者を加えることがあります。

7. 発  表
 10月初旬。広報「高山の文化」等に掲載し、入賞者には別途通知します。

8.   賞
  文芸祭賞 1名 賞状及び副賞
  江夏美好賞(小説のみ) 1名 同
  入 賞(高山市長賞、他) 10名 同
  青竜賞(高校生以下対象) 若干名   同

9. 表 彰 式
 令和4年1月1日(土) (会場未定)
 ※青竜賞については、別途表彰式を行います。

10. 作 品 集
 応募者および関係方面へ配布、高山市民文化会館及び高山市図書館「煥章館」に て配布します。

11. そ の 他
 応募原稿は返却いたしませんので、ご了承ください。

多数の応募、お待ちしております。

応募要項 応募用紙 応募用紙[俳句・短歌] 学生[短歌・俳句] (PDF)

メールでの応募は こちら から

 [目次] 先頭へ戻る 飛騨文芸祭とは? 募集要項 最新の)受賞者 過去の受賞暦

飛騨文芸祭 第44回(令和2年) 受賞者

Now Printing

 

文芸祭賞 評論1篇 木下 喜代男 「俳人前田普羅の研究」
江夏美好賞 該当なし
市長賞 小説1篇 団藤 翔一 「妻恋坂の陽炎」
 〃 俳句10句 佐藤 満知子  
市議会議長賞 現代詩3篇 後藤 順 「サシバ理容店」他2編
 〃 短歌10首 横山 清子  
市教育委員長賞 短歌10首 谷口 茂雄  
 〃 小説1篇 山附 純一 「約束」
市文化協会長賞 短歌10首 稲泉 真紀  
 〃 短歌10首 武藤 久美  
 〃 俳句10句 吉田 紀美子  
 〃 評論1篇 門前 吉之 「飛騨近代絵画外史 歓喜寺襖絵考」
 〃 現代詩3篇 芝原 靖 「いつか帰る」他2編
 〃 現代詩3篇 山附 純一 「風に靡く」他2編
 〃 児童文学 平岡 佐一郎 「分校の雪だるま」
青竜大賞 短歌5首 玉腰 大輝  
青竜賞 短歌5首 井上 愛理  
 〃 短歌5首 森下 明音  
 〃 短歌5首 岡田 千佳  
 〃 俳句5句 稲垣 圭伸  
 〃 俳句5句 岩 愛子  
 〃 俳句5句 門前 凛音  

<入賞作品集 飛騨文藝>

入賞作品集「飛騨文藝」は、12月1日より高山市民文化会館及び高山市図書館「煥章館」にて配布します。

[目次] 先頭へ戻る 飛騨文芸祭とは? 募集要項 最新の受賞者 過去の受賞暦

過去の受賞暦



no39
第43回(令和元
年) 受賞者

no39
第42回(平成30
年) 受賞者

no39
第41回(平成29年) 受賞者


no39
第40回(平成28年) 受賞者


no39
第39回(平成27年) 受賞者

no38
第38回(平成26年) 受賞者

no37
第37回(平成25年) 受賞者

no36
第36回(平成24年) 受賞者

no34
第35回(平成23年) 受賞者

no33
第34回(平成22年) 受賞者

no33
第33回(平成21年) 受賞者

no32
第32回(平成20年) 受賞者

no31
第31回(平成19年) 受賞者

no32
第30回(平成18年) 受賞者

no28
第29回(平成17年) 受賞者

no28
第28回(平成16年) 受賞者
no32
第27回(平成15年) 受賞者
no32
第26回(平成14年) 受賞者
no32
第25回(平成13年) 受賞者
no32
第24回(平成12年) 受賞者
no32
第23回(平成11年) 受賞者
no32
第22回(平成10年) 受賞者
no32
第21回(平成9年) 受賞者

[目次] 先頭へ戻る 飛騨文芸祭とは? 募集要項 最新の受賞者 過去の受賞暦

トップページへ戻る